ご挨拶
大会概要
出場選手
コース案内
チケット
アクセス

ご挨拶

大会会長ご挨拶


野島 廣司

 本年も、公益社団法人日本プロゴルフ協会公認のシニアツアー「第3回ノジマチャンピオンカップ 箱根シニアプロゴルフトーナメント」を開催させていただくこととなりました。

 箱根山の火山活動により、大きな影響を受けた箱根町を応援したいという思いで開催に至った本トーナメントも、今年で3回目を迎えることができました。箱根町は地域の皆様の多大な努力の結果、観光客数は回復しているとのことですが、引き続き神奈川県を中心として事業展開をさせていただいている企業として、「地域社会を元気に」という想いを持って取り組んでいく所存でおります。
 開催にあたり、多大なるご支援をいただきました、大会関係者の皆様やご協賛各社様へ、心より深く御礼申し上げます。

 ノジマグループは、携帯電話、デジタル&家電専門店として、地域の皆様に、便利さ・快適さ・楽しさをお届けし、喜ばれ、そして親しまれる企業として取り組んでおります。さらに、2017年4月より当社グループに「ニフティ株式会社」も加わり、来るべくIoT時代に向け、まだ日本に無い新たな業態や文化を創出する「トータルソリューション企業」への進化を目指しております。

 また、スポーツを通じた地域活性化や文化振興にも、積極的に取り組んでおり、なでしこリーグ1部所属の日本で唯一の女子サッカー実業団「ノジマステラ神奈川相模原」の運営や、スポンサーとして「ノジマ相模原ライズ(アメリカンフットボール・Xリーグ)」、「横浜DeNAベイスターズ(プロ野球)」など地元・神奈川のチームを中心に応援しています。

 ゴルフについては、日本プロゴルフ協会の倉本会長の「シニアプロが活躍出来る場を増やしたい」という熱い想いに感銘を受け、シニア層を応援するための大会と考えております。コース全域が富士箱根伊豆国立公園内に位置し、四方を雄大な大自然に囲まれた箱根カントリー倶楽部で繰り広げられる、レジェンド達の競演を楽しんでいただければ幸いです。

 このような取り組みが、ゴルフ界の活性化、また地域社会への貢献に繋がれば大変嬉しく思います。末筆ながら、ご来場いただく多くのギャラリーの皆様と全国のゴルフファンの皆様、そして開催にあたりまして、ご理解とご協力を頂きました大会関係者の皆様に心より感謝申し上げます。

野島 廣司 野島 廣司







日本プロゴルフ協会 会長ご挨拶


倉本 昌弘

 本年も、PGAシニアツアー 「ノジマチャンピオンカップ 箱根シニアプロゴルフトーナメント」が開催されますこと、誠にありがとうございます。

 また、本大会を主催していただいております、株式会社ノジマ様の多大なるご支援、ご協力を賜り第3回大会を迎えることができましたこと心より厚く御礼申し上げます。

 スポーツを通じた地域活性化や文化振興に、積極的に取り組みをされておりますノジマグループ様が、箱根山の火山活動による大きな影響を受けた箱根町を応援したいという思いと、日本プロゴルフ協会の取り組みの一つでもあります、シニアツアーを通じたゴルフ活性化に対し賛同していただいたことで、誕生した本大会も3年目を迎えることができました。

 地域に根付いた大会を目指す本トーナメントは、皆様のおかげで年々、ギャラリー来場者も増え、開催意義も広がりをみせる大会に成長しております。

 我々シニアツアーには、日本のゴルフ界を盛り上げてきた、そうそうたる顔ぶれの選手が名を連ねております。このような選手が活躍するシニアツアーでは、ご来場していただいたギャラリーの皆様から、シニアツアーは選手自身が楽しみながらプレーをしているように見えたり、選手同士の会話が聞こえたり、時には話しかけられたりと、レギュラーツアーとは違った楽しみがあると、耳にすることがあります。
 皆様には、是非、このようなシニアツアーにご来場をいただき、選手の熟練の技やトーナメントの熱き戦いも勿論ではありますが、シニアツアーの選手を通じたゴルフの楽しさを体感していただきたいと思います。
 我々、選手一同、この大会の主旨でもあります、シニアツアーやゴルフの力が箱根町をはじめとする地域社会に少しでも貢献できるよう、尽力して参ります。

 最後になりましたが、ご来場いただく多くギャラリーの皆様や全国のゴルフファンの皆様、また、コースコンディションを整えていただく、箱根カントリー倶楽部の皆様ならびに、後援・協賛の各社様、大会関係者の皆様、そして大会を支えていただくボランティアの皆様に対して心より御礼申し上げます。

倉本 昌弘 倉本 昌弘

ページトップへ